二の丸御殿

江戸時代の武家風書院造りの代表的なもので,車寄に続いて遠侍,式台,大広間,蘇鉄の間,黒書院,白書院の6棟が東南から北西にかけて雁行に立ち並んでいます。
建物面積3,300平方メートル,部屋数33,畳は800畳あまり敷かれています。
代表的な「松鷹図」をはじめ、将軍の威厳を示す虎や豹、桜や四季折々の花を描いた狩野派の障壁画(複写画)で装飾されています。


車寄
イメージ 1
唐門を入ると豪華に装飾された車寄が目に入ります。
欄間彫刻は表と裏のデザインを変えており,表側には五羽の鸞鳥・松・牡丹,上部には雲,下部には笹を見ることができます。
屋根は桧皮葺になっており,床は牛車で中に入れるように四半敷になっています。

内部は撮影禁止のため写真はこれだけです。



釣鐘
イメージ 2

二条城と京都所司代との連絡に使われていた鐘です。
京都所司代は当時二条城の北側にあり幕末の政変の中で緊急時の連絡につかわれたそうです。

イメージ 3



大広間
イメージ 4

一の間は広さ48畳,二の間は44畳となっています。
将軍が諸大名と対面した部屋で二の丸御殿の中で最も格式の高い部屋です。
この部屋で慶応3年(1867年)10月,15代将軍慶喜が諸藩の重臣を集め,大政奉還を発表した歴史的な部屋です。
また二の間は後水尾天皇の行幸のときに,南庭につくられた能舞台の見所に使われました。
四の間は将軍の上洛のときに武器をおさめた場所と云われています。
襖絵は老松に鷹が描かれています。

イメージ 5



黒書院
イメージ 6
将軍と親藩大名・譜代大名の内輪の対面所です。
大広間より若干規模は小さいのですが部屋飾りはより技巧的です。
襖絵は探幽の弟,尚信の作品です。




二の丸庭園

書院造庭園である二の丸庭園は神仙蓬莱の世界を表した庭園と言われ,また八陣の庭とも呼ばれています。
後水尾天皇行幸当時の姿は,新たに増築された行幸御殿,中宮御殿,長局等に取り囲まれた中庭的な庭園としてつくられ,池の中に御亭を建て,池の中央に3つの島(蓬莱島、鶴島、亀島)、4つの橋を併せ持ち,二の丸御殿大広間上段の間(将軍の座),二の丸御殿黒書院上段の間(将軍の座),行幸御殿上段の間(天皇の座)・御亭の主に三方向から鑑賞できるように設計されていました。
イメージ 7



イメージ 8

池の中央に造られた小さな島は仙人が住むという蓬莱島を現しています。
またその近くにには鶴の形の島と亀の形の島があります。
この庭園は不老不死の仙人が住む世界、神仙蓬莱の世界観を現しているのです。

イメージ 9



イメージ 10



イメージ 11



イメージ 12

池の淵に植えられている蘇鉄は15代将軍慶喜公の時代の写真に写っており、
少なくとも150年以上の樹齢ではないかと言われています。
8代将軍吉宗公の時代の二の丸庭園の図には15本の蘇鉄が描かれています。
記録には家光公の時代に佐賀の鍋島藩が蘇鉄を一本献上したと残っています。

イメージ 13