チル菜び

いつか行きたい日本の名所、今日の一曲、ミスチルネタ、中森明菜ネタ、
行った気になる世界遺産、車中泊旅行ネタなどを自分勝手に書き綴ってます。

チル菜び イメージ画像

和歌山県へ

熊野速玉大社 入口鳥居 手力男神社と八咫烏神社 手水社 神門 新宮神社と熊野恵比寿神社 八社殿 上三殿 拝殿 速玉宮 参集殿 授与所 こちらは那智大社より広めで静かで良かったです。 緑とオレンジのコントラストが綺麗でした
『熊野速玉大社』の画像

青岸渡寺 この門をくぐると青岸渡寺です。 高台から三重の塔と那智滝のコラボが見れます。 帰りはまた石段をヘッコラヘッコラ降ります 結構な急坂ですよ~ ようやく駐車場に着きました(´ー`)フッー 下方にも駐車場がありまし
『青岸渡寺』の画像

熊野那智大社 この一の鳥居から更に上に歩いて行きます ヨイショ、ヨイショ(~Д~;) フゥエエエ まずは清めて・・・ その前方には「兒宮多富氣王子神社」 二の鳥居まで、あと少し・・・ 到着です(´ー`)フッー 拝殿 瑞垣越しの御県
『熊野那智大社』の画像

飛瀧神社の鳥居を抜けると目の前に那智大社へ続く石階段があります。 ここをひらたすら登ります。 きつい、きつい 日頃の運動不足が祟ります 途中「伏し拝み」とゆー平坦な場所に出ました。 祭りの時に、ここで神事が行われるようです。        まだ
『那智滝から那智大社へ』の画像

那智の大滝の続き。。。 お瀧拝所入口  こちらから滝の間近まで行けます。 延命長寿のお瀧水 長生きのお水だそうです。 一応飲んできました 滝自体がご神体で、参拝殿はありません。 落差133m、銚子口の幅13m、滝壺の深さは10mの落差日本
『那智の大滝part2』の画像

那智御滝☆飛瀧神社 続いて、那智の滝を見に行きました~ 鳥居の前はお店屋さんになってます。 この前にも駐車場はありましたが、多分お店用かなぁ~? うちの車はこの少し先の有料駐車場を利用しました。 本当は上にある青岸渡寺の有料駐車場まで登って
『那智御滝☆飛瀧神社』の画像

大門坂 この日は前日とは打って変わって快晴でした いよいよ世界遺産 熊野古道 大門坂を歩きます ここが大門坂入口です。 振ヶ瀬橋 那智の聖域と俗界とを分かつ橋と言われています。 多富気王子跡 庚申塔 常夜灯 楠大樹 
『大門坂』の画像

串本海中公園 ちょっと立ち寄り ここは水族館や観光船、海中展望塔などがある施設です。 一応車から降り、近くまで行ってみるも・・・ 海中展望塔は、さっきも行ったし おまけに雨で多分また海中が濁って(/-\)ミエナイ だろうなぁと・・・ ・・・やめました
『プラッと立ち寄っただけ・・・(^^;;』の画像

三段壁洞窟 「源平合戦」で源氏に加勢した熊野水軍 十像岩 岩肌に10の石像が見える!? 水がすごく綺麗 なんだかいきなり現代的なものが・・・ 牟婁大辯才天十六童子「千社札」 千社札とは、神社や仏閣に参拝を行なっ
『三段壁洞窟』の画像

名勝 三段壁 長さ2キロ、高さ60mに及ぶ柱状節理の大岩壁で、 断崖絶壁の名勝として知られる。 断崖には展望台が設けられており、 雄大な南紀の海景を見ることができます。 ここも圧巻の景色でしたね~ (∩´∀`)∩スンバラスィ♪ 三段
『名勝 三段壁』の画像

千畳敷 なんとも広大な景色でしたよ~ こんなんが自然に出来るってスゴイなぁ~ 新第三紀層の砂岩からなる、太平洋に面したスロープ状の岩盤。 砂岩は非常に柔らかいため、打ち寄せる波の浸食を受け、複雑な地形を形成している。 広さはおよそ4ヘクタールで、畳
『千畳敷』の画像

白浜海中展望塔コーラルプリンセス まだ雨が降り続けていました 塔の中のらせん階段を降りていきます あと半分 到着です 中を覗いてみるも・・・・・ 雨のため海水が濁っててなーーーーんも見えん かすかに2匹の魚らしき姿を確認
『白浜海中展望塔コーラルプリンセス』の画像

円月島 写真ではよくわからないけど結構雨ふってました なので横着こいて車の中からパチリのみ・・・ 新婚旅行と言えば白良浜 海好きの私としては一度は訪れたい場所でした。 青い空青い海 ・・・だったら良かったのですが 雨が降ってて
『ililil雨降りの南紀白浜ililil』の画像

↑このページのトップヘ